MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 捻挫や肉離れを起こした時に入浴をしても良いか?

捻挫や肉離れを起こした時に入浴をしても良いか?

2017.02.21 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

捻挫や肉離れを起こした時に入浴をしても良いか?

こんにちは、栃木県宇都宮市にある柴﨑接骨院です。

 

一般的に捻挫や肉離れなど怪我をした時には、アイシングや氷のう、保冷剤などで患部を冷やす方は多いかと思います。

炎症が起きて熱を持っているので、患部を冷やした方が治りが早いですよね。

 

これと同じくらい大切なことが入浴を避けることです。

捻挫や肉離れなど怪我の症状の程度が軽度の場合は、患部のみお湯に浸からなければ入ってもそこまで問題ありませんが、症状が中程度~強い場合は悪化する可能性がありますので入浴を避けてシャワーで済ます方が無難です

 

入浴することにより、血管が拡張し血流が良くなるので損傷組織からの出血量が多くなり、炎症が強くなったり腫れの原因となり結果、回復が遅くなります。

つまり、患部にアイシングをして冷やしても、その後入浴をしてしまうとプラスマイナスゼロもしくはマイナスになってしまうという事です。

 

アイシングなど冷やすことをしなかったとしても、痛みなど症状が強い場合は入浴を避けて1~2日はシャワーで済ます事です。

そして、その後の治療も大切になってきますので、早めに病院もしくは接骨院、整骨院を受診することお勧めします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和