MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 捻挫をした後のストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

捻挫をした後のストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

2017.02.17 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

捻挫をした後のストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

こんにちは。栃木県宇都宮市弥生町にある柴﨑接骨院です。

 

社会人でスポーツをされている方はもちろんそうですが、学生さんは特に体育や部活動など運動する機会が多いのではないかと思います。

 

早く競技に復帰したいためだと思いますが、スポーツをされている方に「(受傷後2~3日くらい経過してから)もうストレッチは始めて良いですか?」、また「どのようなストレッチをしたらいいですか?」などといった質問をされることがあります。

 

もちろんスポーツなどの競技に復帰するためにストレッチをすることは大切だと思います。

ですが、気持ちが焦ってまだ患部が治りきってないうちにストレッチを行ってしまうことにより、症状が悪化したり回復が長引いたりしている方が来院されることもあります。

 

ストレッチは組織を伸ばして柔軟性を高めるものです。

しかしその組織がもし傷ついていたら?

・・・そうです。傷口は開くいっぽうです。

 

ですので、ストレッチは損傷した組織がしっかり治ってからすることをお勧めします。

しっかり治らないがために80%の力しか発揮できないより、少しくらい時間がかかっても100%の力を発揮できるようにした方が、スポーツや競技をしている方にとっては楽しく充実するのではないでしょうか。

 

捻挫などで負傷したら、自己判断せずに接骨院や整骨院などの治療院でしっかりと治療し、ストレッチの開始時期など確認してから行うのがベストです。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和