MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 毎朝起きた時に腰痛がある方は、骨盤のゆがみか筋肉の過緊張が原因かもしれません

毎朝起きた時に腰痛がある方は、骨盤のゆがみか筋肉の過緊張が原因かもしれません

2017.01.23 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

毎朝起きた時に腰痛がある方は、骨盤のゆがみか筋肉の過緊張が原因かもしれません。

こんにちは、宇都宮市の柴﨑接骨院です。

日中は何ともないが、毎朝起きた時に腰痛がでるんですという方はたまにいらっしゃいます。

 

こういう場合は腰部周辺の筋肉の緊張が強かったり、骨盤にゆがみがあったり、仰向けの姿勢で寝ることが多い方などに症状として出ることが多いです。

日常生活での腰部にかかる負担や、仕事による負担、または不良姿勢によるものであったりと、何かしらの負荷が腰部周辺の筋肉に蓄積した結果、朝起きた時の腰痛につながります。

 

筋肉に負荷をかけ続けると、硬く緊張し柔軟性がなくなるのでその周辺の血流も悪くなります。また筋肉が硬く緊張し柔軟性がなくなっているため、傷めやすく炎症を起こしやすい状態にもなっています。

対処法としては、適度な運動や体操、十分なストレッチを行うことです。

 

また、入浴ししっかり疲労物質を流すこと、悪い姿勢をとってないか気を付けることも良いと思います。それでも痛みが取れない場合は、接骨院などの治療院でしっかりと治療を受けることをおすすめします。

 

運動不足や柔軟不足も原因の一つではありますが、筋肉の問題や骨盤のゆがみがこの腰痛の原因となっていることが多いです。

 

ですので、電気治療やマッサージ、ストレッチなどでしっかり筋肉を緩め、骨盤を矯正してゆがみを改善し、また普段不良姿勢をしているようならしないように注意するといったことだけでも、症状が改善していく方は多いです。

 

よく「寝相が悪いのですか?」、「寝具が悪いのですか?」と質問される方もいらっしゃいますが、私が思うにそれらは根本的な原因ではないと思います。

逆に言いますと筋肉の柔軟性があり、ゆがみがなければ多少の寝相や寝具が悪くても痛みはでないからです。

 

朝起きた時の腰痛で気になるようでしたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

腰痛

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和