MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > ぎっくり腰を予防するためには

ぎっくり腰を予防するためには

2016.11.21 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

ぎっくり腰になったことがある方や癖になっている方は分かると思いますが、辛いですよね。

今回はどうしたらぎっくり腰を予防できるかについて考えてみたいと思います。

腰に違和感や痛みを感じたら、我慢をせずにすぐに治療院で治療をすることが一番良いのですが、仕事の終わる時間の関係などですぐに行けない場合もありますよね。

 

日頃から注意しておきたいことは、

①足を組んだり横座りの姿勢をしないようにする(骨盤のゆがみを防止する)

②あぐらの姿勢はすこしの時間なら良いが、長時間はしないようにする。(腰周辺の筋肉の緊張を防止)

③座椅子を使ったとしても、1日の中で床に座る時間よりも椅子に座る時間の方が長くなるようにする。

④ラジオ体操など簡単な体操をできるなら毎日行うようにする。

⑤お風呂はシャワーだけでなく、短い時間でも良いのでお湯に浸かるようにする。

⑥床にある重いものを持つときは、中腰にならずに膝を曲げて持つようにする。

の6つです。

 

細かい注意点はまだまだ沢山あるのですが、大まかに6つ書いてみました。

これだけを注意するだけでも、ずいぶんぎっくり腰や急性の腰痛を予防できると思います。

 

6つ全部注意するのは難しいという方は、1つでも2つでも生活に取り入れるだけでも変わってくるかと思います。

ぎっくり腰や腰痛になったことがあり、もうなりたくない方や予防したい方はぜひ参考にしてみてください。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和