MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 腰痛と一言で言っても様々な症状があります

腰痛と一言で言っても様々な症状があります

2016.09.28 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

こんにちは。宇都宮市の柴﨑接骨院です。

腰痛とひとえに言っても様々な症状があります。

今回はその中でもよく耳にするかと思いますが「脊柱管狭窄症」について書いてみたいと思います。

 

まず脊柱管とは、背骨の中にありますがこの背骨は椎骨が積み重なってできたものであります。

椎骨には空間がありそれを椎孔といい、これが積み重なってできたものが脊柱管というわけです。

それで、そこに神経が通っていて、何らかの原因でこの脊柱管が狭くなりその中を通っている神経を圧迫し、腰痛や足の痺れがでてくる症状を脊柱管狭窄症といいます。

 

脊柱管狭窄症の特徴の一つとして間欠跛行というものがあります。

間欠跛行とは、すこし歩くと足に痛みや重さや痺れがでてきて歩くことが辛くなってきますが、椅子などに腰掛けすこし休むとまた歩ける状態のことをいいます。

 

X線やMRIで診断がつきますが、病院で検査をして異常はないが上記のような症状がある場合は、腰部や臀部周辺の筋肉、または関節や骨盤のゆがみが原因ででることもあります。

まず病院や整形外科などの医療機関で検査をして、それでも異常がないのに症状がある場合はそのような事も考えられますので遠慮なくご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和