MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 暑いから入浴はシャワーで済ませていませんか?

暑いから入浴はシャワーで済ませていませんか?

2016.08.16 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

こんにちは、栃木県宇都宮市の柴﨑接骨院です。

真夏の暑さはすこし減ったような感じはしますが、まだまだ暑さは続きそうですね。

暑いので、入浴もお湯に浸からずシャワーで済ませてしまう方も多いのではないかと思います。

 

でも、私が日々患者さんを施術していて思うことは、ぎっくり腰や腰痛・外傷などで傷めた患者さんは入浴をシャワーで済ませてしまう方より、お湯に浸かっている方のほうが治りが早いです。

これはシャワーだけだと、体の表面の血流しか改善されない事に比べて、お湯に浸かるとより深部の組織まで血流が改善されることが考えられます。

 

お湯に浸かることは、単に血流を改善することだけにとどまらず、副交感神経を優位にしてリラックス効果も得られます。

それなので、スムーズに入眠できたり、また熟睡しやすくなったりと睡眠の質を上げる効果もあります。

睡眠の質が上がれば、寝ている間の人間が持っている自然治癒力も最大限に活かされ、さらに回復する力も増します。

 

すこし話は逸れましたが、入浴でお湯に浸かるということは単に回復を早めることだけにとどまらず、滞っている乳酸や老廃物を速やかに流し、リンパの流れも良くすることで筋肉の柔軟性も確保でき、ぎっくり腰や腰痛・肩こり・足がつるといったこむら返りの症状を予防することもできます。

 

来院される患者さんの話を聞いてみると、明らかに入浴をシャワーだけで済ませる方のほうが、ぎっくり腰や腰痛・足がつるといった症状が出やすく、また外傷もそうですが治りが遅いです。

入浴でお湯に浸かるといっても、何も熱いお湯で長時間浸かる必要はありません。

 

私もそうですが、そのような我慢をするようなことはたぶん長続きしません。

39~40℃くらいのそこそこ温かいお湯で、時間は自分で体が温まったと感じるくらいか額にすこし汗がにじむくらいの数分で大丈夫です。また半身浴ではなく肩まで浸かる全身浴です。

一番大事なことは続けることです。

 

好きな入浴剤を入れて楽しんだり、毎日はできないが週に数回はお湯に浸ろうといったように、自分の環境に合ったようにアレンジして続けられるように工夫することをおすすめします。

たったこれだけの事でもずいぶんと体の感じが変わると思いますので、可能な方はぜひ実践してみてください。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和