MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療・むち打ち > 交通事故でむち打ちを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

交通事故でむち打ちを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

2017.02.22 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故でむち打ちを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたら良いか?

こんにちは、宇都宮市の柴﨑接骨院です。

たまに交通事故でむち打ちになった患者さんから、「ストレッチはいつ頃から始めたら良いですか?」と質問されることがあります。

 

こういう風に聞いてくる患者さんは、一日でも、または少しでも早く治したいと思っている方が多いです。そうなんです。交通事故でむち打ちを起こしたら一般的に回復するまでに時間がかかることが多いです。

 

思っている以上に時間がかかります。もちろん、すべての症状がというわけではありません。中には数週間で回復して症状がなくなる場合もあります。

ですが、平均的には3か月前後くらいかかることが多いです。

 

それは、むち打ちが一般的な捻挫や肉離れなどと違って深部にある軟部組織を損傷しやすく、また、組織を損傷するための外力も瞬間的に強いものだからと考えられます。

回復に時間がかかるということは、焦ってストレッチなどをしてしまうとかえって症状が悪化してしまう可能性が高くなるということです。

 

損傷した組織が回復していけば、痛みなどの症状はなくなり周囲の筋肉の緊張もなくなってきます。

ですので、無理に焦ってストレッチを行なう必要もないのです。逆にストレッチをしたことにより症状が悪化して、回復するまでになおさら時間がかかってしまうような事態だけは避けたいものです。

 

普段の日常生活でなるべく患部にかかる負担を減らしながら、病院などの医療機関や治療院で治療を受けることが回復への近道であります。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和