MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 坐骨神経痛の症状が出ている時はストレッチをしてもよいか?

坐骨神経痛の症状が出ている時はストレッチをしてもよいか?

2017.09.30 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

坐骨神経痛は辛いですよね。痛みで悩んでいらっしゃる方も多いのかと思います。

坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや狭窄症、すべり症などの症状があるときに起こると言われています。

 

しかし、単なる腰痛やぎっくり腰、臀部の筋肉の炎症や緊張といった症状に関連して起こることもあります。

そして、意外にこの臀部の筋肉の炎症や緊張に関連して出てくる場合は多いです。

 

来院される患者さんで、「引っ越しがあったので、階段を何回も上がり下りしていたら次の日腰から足にかけて痛みが出てきました」、または「久しぶりに山を登ったのですが、途中からお尻から足にかけて痛みが出てきました」といって来られる方がたまにいらっしゃいます。

 

このような場合は、臀部の筋肉を損傷して炎症を起こしている可能性があります。

症状によっては早く回復する場合もありますが、腰から足にかけての痛みは少し回復に時間がかかることが多いです。

 

たまに患者さんで、「マッサージ屋さんで施術を受けていたら徐々に痛みが強くなってきました」、または「自分でストレッチを毎日しているのですがなかなか改善しません」と話される方もおります。

 

患部に炎症が起きている場合は、マッサージやストレッチを行なってしまうと症状が改善するどころか悪化してしまう可能性があります。

 

ですので、そのような症状が出た場合は自己判断してストレッチやマッサージは行わないようにして、なるべく早めに病院や整形外科などの医療機関や接骨院などの治療院を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和