MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > ぎっくり腰が癖にならないようにするためには?

ぎっくり腰が癖にならないようにするためには?

2017.05.25 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

来院される患者さんで「ぎっくり腰が癖になっているのです」または、「年に1,2回はぎっくり腰になるのです」といったような話をされる方もいらっしゃいます。

癖になるというよりは、前に起こしたぎっくり腰の症状が完全に治っていないことが考えられます。

 

そういう話をされる方の腰を触診してみると、骨盤の歪みが生じていたり筋肉の緊張が残っていて左右のバランスが悪くなっていたりと何かしら原因が見つかります。

痛みがなくなれば治ったと思う方は多いかもしれませんが、「痛みがなくなる=治る」ではありません。「根本的な原因が改善する=治る」です。

 

ですので、治療をして痛みがなくなったらすぐに通院をやめてしまうのではなく、担当してくださっている先生に話して根本的な原因が改善してから治療を終了することをおすすめします。

 

根本的な原因が改善した上で、普段の日常生活での姿勢に気をつけ、また中腰で重い物を持ったりその姿勢で長い時間作業などをしたりする負担を軽減できれば、ぎっくり腰が癖になるどころか予防でき、症状を起こしにくくなると考えております。

 

ぎっくり腰が癖になっていると悩んでいる方がおりましたら、上記のことを踏まえて接骨院などの治療院でしっかりと治療して、担当してくださっている先生に相談されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎ぎっくり腰のページはこちらです

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和