MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 最近冷え込みが強いせいか、ぎっくり腰や腰痛の患者さんが多いです

最近冷え込みが強いせいか、ぎっくり腰や腰痛の患者さんが多いです

2017.02.14 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

最近冷え込みが強いせいか、ぎっくり腰や腰痛の患者さんが多いです。

こんにちは。栃木県宇都宮市の柴﨑接骨院です。

ここ数日は朝の気温が-4℃~-5℃と、冷え込みがずいぶん厳しいですね。

 

こんなに寒いと体は縮こまりますよね。背中が丸くなります。動きたくなくなります。私の場合特に・・・。

要するに体を巡る血流は悪くなり、筋肉や関節は硬くなりがちです。硬くなった筋肉は柔軟性がなくなっているため損傷しやすい状態にあります。

 

普段行っている仕事や作業など、いつもと同じように行ったとしても筋肉や関節の柔軟性がなくなっている分負担はいつも以上にかかります。

それで、筋違えや寝違え、ぎっくり腰や腰痛を発症しやすくなります。

 

「いつも行っている動作なのにどうして・・・」、「普段と特に変わったことは何もしてないのに・・・」と言われる方は結構いらっしゃいますが、上記のような悪条件が重なったためと考えられます。

 

予防するには、寒くて動きたくはないかもしれませんがラジオ体操などの全身の体操やストレッチを行うことをおすすめします。

 

それでも筋違えや寝違え、腰痛やぎっくり腰を発症してしまったら我慢をせずに接骨院や整骨院などの治療院で治療を受けることをお勧めします。

治療するとしないとでは、回復する早さがずいぶん違ってくるのではないかと思います。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和