MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 交通事故後の症状は治療をしっかりしないと数年続く場合もあります

交通事故後の症状は治療をしっかりしないと数年続く場合もあります

2017.02.10 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

交通事故後の症状は治療をしっかりしないと数年続く場合もあります。

こんにちは。宇都宮市の柴﨑接骨院です。

 

たまに来院される患者さんから、「交通事故を起こして数年経つのに、梅雨の時期になると毎年首に痛みがでるんです」、「事故を起こしてから毎年冬になると腰痛が出るんです」といったようなお声を聞いたりもします。

 

それで話を掘り下げてみると、「仕事が忙しかったので、治療にはあまり行けなかったんです」、「症状が我慢できるくらいの程度だったので、あまり治療はしなかったのですがその時は痛みがなくなったのです」というふうに話されたりもします。

 

交通事故によるむち打ちや腰痛は、まれにしっかり治療を行っても痛みが完全に取れなかったり数年続く場合もありますが、症状に合わせた適切な治療をしっかり行えば大体が治療期間内に治り翌年、翌々年に症状が出ることはありません。

 

交通事故によるむち打ちなどの症状は、一般的な捻挫や肉離れと違って回復に時間がかかることが多いです。仕事などでどうしても時間が作れない場合はやむを得ませんが、なるべく優先的に時間を作りしっかりとした治療を受けることをお勧めします。

 

治療は病院や整形外科だけでなく、接骨院や整骨院でも行っております。

交通事故後のむち打ちや腰痛でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和