MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療・むち打ち > 基本的に交通事故後の治療で窓口負担はありません

基本的に交通事故後の治療で窓口負担はありません

2017.01.26 | Category: 交通事故治療・むち打ち

基本的に交通事故後の治療で窓口負担はありません。

こんにちは。宇都宮市にある柴﨑接骨院です。

いくら注意をしていても交通事故を起こしてしまうことってありますよね。

 

交通事故後の治療ですが、基本的に自賠責保険を使うので患者さんの窓口負担はありません。

これは被害者の場合ですが、加害者の場合も今は任意保険で人身傷害保険に入っている方が多いので治療は健康保険を使いますが、窓口負担分はそこから支払われます。

 

しかし、患者さんの窓口負担がないといってもそれが永遠に続くわけではありません。

特に自賠責保険を使用する場合ですが、治療できる期間は長くても約3~6ヶ月です。その間にむち打ちなどの症状をしっかり治さなければならないのですが、交通事故によって出てきた症状は回復するのに時間がかかることが多いです。

 

ですので、治療の頻度もたまに治療するのではなく、時間が作れた時はなるべく通い早めに治すことをお勧めします。

事故後、最初の頃はあまり痛みがないからといって治療を疎かにするかたもいらっしゃいますが、後々になって頭痛やしびれ・痛みなどの症状が強く出てきたり慢性化に移行してしまうケースもあります。

 

交通事故を起こしたら症状が軽くても甘くみないで、病院や整形外科などの医療機関や接骨院で適切な治療を受けることをおすすめします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和