MENU TEL

テニス肘

テニス肘なら宇都宮・南宇都宮駅・鶴田駅の柴﨑接骨院までお越しください、根本から改善させていきます。

テニス肘というのは、スイング動作の繰り返しによって軟部組織を損傷し炎症を起こしてしまう、いわば使い過ぎによるスポーツ障害のことです。ただ、同じように練習をしているのにも関わらず症状が出る選手もいれば、出ない選手もいます。この違いというのは、身体の使い方にも関係しているのです。

身体にゆがみがある状態ですとスイングフォームも悪くなってしまい、肘に負担がかかりやすい状態になっていたりします。そのため、肘に疲労や負担が溜まり過ぎてしまうということがありますので当接骨院で、体のバランスをしっかり整え、元のフォームに戻していきましょう。

当院では、手技・物理療法・運動療法を組み合わせ、肘の炎症を取り除きます。そして、ゆがんだ身体を丁寧に整え、自然治癒力を高めていきます。テニス肘は悪化すると、痛みのためプレーが出来なくなってしまう事や慢性化して回復するまでの期間が長引いてしまう事もありますので、なるべく早めに治療を始めることが大切です。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和