MENU TEL

スポーツ障害

スポーツ障害なら、お早目に宇都宮・南宇都宮駅・鶴田駅の柴﨑接骨院までお越しください。

スポーツ障害とは、一定の動作を繰り返すことで慢性的に起こるもので、オーバーユースシンドローム(使いすぎ症候群)とも言われています。

スポーツ選手や愛好家などに多く、過度な練習などで起こることもありますが、技術の未熟さや筋力、体力不足、柔軟性の低下などが原因になることもあります。腸脛靭帯炎、テニス肘、野球肘などが疾患として挙げられます。そのような症状が出てきてしまったら、当接骨院までお越しください。

サッカーや野球、ゴルフ、テニス、陸上競技など、スポーツの種類によっても痛みが出てくる部位というのは異なりますが、当院では患者様一人一人の症状や痛みの程度、原因に合わせた効果的な治療を行っていくことが出来ます。

患部の痛みを素早く取り除いていくと共に、今後再びスポーツ障害を起こさないように身体のバランスを整えて、強い身体にしていくということも出来ますので、痛みを感じた際には無理をせずに当接骨院にて専門治療を受けるようにしてください。

関連した記事です↓↓

woman with an athletic pair of legs

オスグッドについて    ・ランナー膝の治療             ・シンスプリントについて

テニス肘について

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和