MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療・むち打ちの記事一覧

交通事故でのむち打ちの治療はしっかりとした治療が必要です

2018.02.23 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故後のむち打ちや痛みなどの症状は辛いですよね。病院などでX線の検査をして異常がなかったとしても、首の痛みやだるさ、頭痛や手のしびれなど症状がある場合は多いですよね。

交通事故での衝撃は強いため、損傷する軟部組織も日常生活で怪我をする時より深部の組織を損傷することが多いです。そのため一般の怪我とは違って回復するのに時間がかかることが多いです。

なので、その症状に応じて適切なしっかりとした治療が必要になってきます。

 

働いている方などはあまり治療に通う時間がとりにくいかと思いますが、交通事故後の治療は接骨院でも受けることができますので、職場や自宅から近いなど通いやすい環境を整えしっかりと治療されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・交通事故で助手席に乗っていた場合の窓口負担は?

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

・シートベルトを引くときに肩に痛みが出る場合

 

交通事故で助手席に乗っていた場合の窓口負担は?

2018.02.13 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故は自分で車を運転している以外にも、知人や友人が運転していて自分は助手席に乗っている時でも事故を起こしてしまう場合はありますよね。

その場合でむち打ちなど怪我をしてしまったとき、保険が適用になるのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。助手席でも後部座席でも基本的に保険が適用になるので、患者さんの医療機関での窓口負担はありません。

むち打ちなど交通事故による怪我は回復に時間がかかることが多いですが、運転者でなく助手席や後部座席に座っている同乗者の方のほうがかえって負傷のダメージが大きいことが多いです。

 

運転者の場合は比較的視覚に入ることが多いため構えることができますが、助手席、特に後部座席に座っている方は視覚に入らずに身構えることもできずに不意に事故の衝撃を受けることが多いです。なので、損傷度合いが大きいことが多くなおさら回復に時間がかかります。

後々まで症状が残らないようにするためにも、適切な治療をしっかりと受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・骨盤周辺につまった感じや違和感がする場合

・腰痛やぎっくり腰を起こした場合、早めに治療をした方が回復も早いです

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

交通事故後の治療は接骨院に転院することもできます

2018.02.08 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故後の症状で悩んでいる方は結構いらっしゃるかと思います。特にむち打ちなどの症状は回復するのに時間がかかることが多いです。

「後々まで症状が残ってしまうのでは・・・」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、症状に合った適切な治療をしていけば全てはとは言えませんが大半のものは回復していきます。

病院や整形外科で治療を受けている方も接骨院に転院したり、または併用して治療を受けることも可能です。

 

しっかりと適切な治療を受けるためにも、自宅や職場から近いなど通いやすい治療院を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・階段の上がり下りで鼠径部を傷めることもあります

・ぎっくり腰や腰痛を起こした時、ソファーに座ることはあまりおすすめできません

・シートベルトを引くときに肩に痛みが出る場合

交通事故後の治療は病院や整形外科で受けていても、接骨院に転院することは可能です

2018.01.19 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故後のむち打ちなどの症状で悩んでいる方はそれなりにいらっしゃるかと思います。

交通事故での負傷はむち打ちはもちろん、打撲や捻挫といったような症状でも比較的治療が長引いてしまうことが多いです。日常生活で起こる捻挫や打ち身などと違って、深部の組織を損傷することが多くまたその衝撃である外力も強いためと考えられます。

なので必然的にある程度治療の頻度が増えてしまうことは仕方のないことかもしれません。よって患者さんにとってはそれなりに負担がかかってしまいます。働いている方は仕事が終わってからの受診となったりして、少し大変ですよね。

ですので、治療も通うのに負担の少ない治療等を探して受診されることをおすすめします。

事故を起こしてからは最初にX線などで検査をするために病院や整形外科を受診される方が多いかと思います。ですが、その後の治療も最初に受診した病院や整形外科で受けなければならないという決まりはありません。

 

その場所が職場や自宅から近くて通いやすいのなら問題はありませんが、遠かったりして通うのに負担がかかるようなら近くの接骨院に転院することもできます。先ほども言いましたが、交通事故によるむち打ちなどの怪我は回復に時間がかかることが多く、治療もどうしても通院期間や通院頻度はある程度長くなったり多くなったりしてしまうことが多いです。

ですので、症状を早く、またしっかりと治すためにも通うのに負担の少ない近くの治療院を受診することをお勧めします。

当接骨院でも症状に応じて電気治療やマッサージ、ストレッチなどを行い、必要なら矯正の施術も行います。

交通事故後の治療でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

このような記事も読まれています

・骨盤や体のゆがみをずっとない状態に保つことは難しいです

・子供さんを抱っこする時はぎっくり腰の予防のために腰痛ベルトをしていた方が無難です

・やはり年齢とともに回復は遅くなります

 

接骨院でも交通事故後の治療は受けることができます

2018.01.16 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故での負傷はむち打ち症が多いとされていますが、ほかにも腰痛、背部痛、捻挫、打撲など様々なものがあります。交通事故で怪我をした経験がある方は分かると思いますが、一般的な日常生活で起こるような捻挫、打撲などの怪我とは違って回復に時間がかかることが多いです。

むち打ちの症状はもちろん回復に時間がかかることが多いですが、捻挫や打撲、肉離れといった症状でも比較的長くなるケースが多いです。

交通事故での損傷は深部の組織を傷めたり、一般的な怪我より外力が強いことが原因として考えられます。受傷直後は安静にすることが大事ですが、その後は電気治療や症状を診ながらマッサージやストレッチなどの手技療法も必要になってきます。

 

治療をしないで放置していると、患部周辺の筋肉の緊張が強くなり症状が慢性化してしまう可能性が高くなります。

交通事故後の治療は接骨院でも受けることができます。ですので、早く回復するためにも交通事故で負傷をしたら放置せずに早めに接骨院などの治療院で適切な施術を受けることをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰や腰痛を起こした時、ソファーに座ることはあまりおすすめできません

・交通事故でのむち打ちは低気圧や台風が近づいたら症状が悪化する場合があります

・オーソドックスですが、膝痛には保温用のサポーターをおすすめします

 

交通事故でのむち打ちはしっかり治療すれば、後々まで症状が残りにくくなります

2017.11.17 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故でのむち打ちで辛い思いをされている方は結構いらっしゃるかと思います。むち打ちは症状の程度の大小に関係なく回復に時間がかかることが多いです。

来院される患者さんで「むち打ちは毎年梅雨の時期になると痛みがでるようなことを聞いたのですが・・・」、または「知り合いでむち打ちになった方がいて、数年経っても痛みが残っているみたいなのですが・・・」と少し心配そうに聞いてこられる方がいらっしゃいます。

むち打ちの症状は回復に時間がかかることが多いのですが、治らないわけではありません。事故直後の症状が強い方でもしっかりと適切な治療をすれば後々まで症状が残らず回復する方が多いです。

 

症状が数年後まで続いてしまう場合は、仕事の関係などで時間がなかなかとれず治療があまりできない場合などにそのような可能性がでてきます。

日常生活やスポーツをしているときに起こるような捻挫や肉離れ、ぎっくり腰などの症状とは違い、むち打ちはどうしても回復に時間がかかることが多いです。

ですので、仕事なら仕方がありませんが時間が作れるようならなるべく治療を受けてしっかり治すことをお勧めします。その方が回復は早まりますし、後々まで症状が残る可能性が少なくなります。

また、交通事故でのむち打ちの治療は病院や整形外科だけでなく接骨院でも受けることができます。なので通いやすいところでしっかりと治療を受けた方が、効果もでますし負担も減るかと思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・長年に渡り頭痛が治らない場合

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

・交通事故でのむち打ちは数日が経過してから痛みが出ることがあります

 

交通事故でのむち打ちは回復に時間がかかることが多いです

2017.11.09 | Category: 交通事故治療・むち打ち

赤信号で停車中に後方より追突されたり、交差点での対向車と衝突しての事故など交通事故は車に乗っている以上、完全に防ぐことはなかなか難しいかもしれません。

交通事故を起こすとその衝撃でむち打ちになる方が多いのですが、このむち打ちがすこし曲者です。

症状としては、首から背中、肩にかけての痛みや違和感、頭痛、めまい、吐き気、手のしびれなど様々な症状がでます。

交通事故を起こした直後から症状が出る場合から数日が経過してから出てくる場合もあります。そして、このむち打ちは日常生活での肉離れや捻挫とは違って回復するまでに時間がかかることが多いです。

 

これは事故時の衝撃が強く、表面だけでなく深部の筋肉などの軟部組織を損傷することが考えられます。むち打ちになったら病院や接骨院などの治療院を受診される方は多いかと思いますが、特に受傷してからまだ日がそんなに経ってない場合など痛みが強いうちは時間が空いてればなるべくしっかりと治療を受けることをお勧めします。

自賠責保険を使用できる期間はある程度決まっているので、その期間内に症状を完全に、またはある程度治しておかないと毎年梅雨の時期や寒くなると痛みや違和感が出たりと後々まで症状が残ってしまう場合があります。

 

そうならない為にも、治りが遅いことを頭に入れて早い時期からしっかりと治療を受けた方が無難です。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

・腰痛になった時の寝る姿勢はどのような姿勢だと負担が少ないか?

・知らない間に骨盤の歪みが生じていることがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和