MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 筋トレとストレッチはどちらをした方がよいですか?

筋トレとストレッチはどちらをした方がよいですか?

2015.09.08 | Category: 接骨院・整骨院

来院される患者さんから「筋トレとストレッチはどちらをした方が良いですか?」、または「筋トレをした方が良いですか?」といったようなことを聞かれることがあります。

 

これはもちろん急性期の症状は厳禁ですが、痛みなどの症状が大分落ち着いた、もしくは治った場合を想定した上での話になりますが、私としてはストレッチをお勧めします。

 

もちろん、筋トレとストレッチの両方できるというのであれば両方行うことに越したことはありませんが、どちらか片方であればストレッチの方が良いです。

ストレッチを行い関節や筋肉の柔軟性を高めることによって、傷めにくく今後の予防につながります。

 

筋トレをして筋力をつけてももちろん予防になりますが、筋肉や関節の柔軟性が低下している人が急に筋トレを始めると、その負荷に耐えきれず筋肉や関節などの軟部組織を損傷することがあります。

 

ですので、どちらか片方というならストレッチが良いですが、理想をいいますとストレッチをして少し体の柔軟性がでてきたら、筋トレも併用して行うとより怪我の予防をすることができると思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・膝痛の治りかけの時、スポーツでの再負傷には注意してくださいね

・五十肩は自然に治るとも言われますが・・・

・当接骨院では矯正治療に力入れております

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和