MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛,骨盤矯正・矯正治療、ゆがみ > 産後に骨盤のゆがみを放置していると坐骨神経痛になる場合があります

産後に骨盤のゆがみを放置していると坐骨神経痛になる場合があります

2017.03.28 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛,骨盤矯正・矯正治療、ゆがみ

産後に骨盤のゆがみを放置していると坐骨神経痛になる場合があります。

こんにちは。宇都宮市弥生町にある柴﨑接骨院です。

出産時はホルモンの影響もあり、筋肉や関節、骨盤は緩み、そして最大限に開いて約3kgある赤ちゃんを体外に出します。

 

また産後約1か月くらいはその緩んだ状態が続くので、骨盤のゆがみを生じやすいです。それに加えて産後は赤ちゃんを抱っこしたりする時間が長くなります。

お風呂に入れたり、おむつの交換、授乳、あやしたりと必然的に中腰や横座りなど腰に負担がかかる姿勢を強いられることが多くなると思います。

 

そうなると筋肉の緊張や硬さが強くなり、また左右での筋肉のバランスが悪くなりこれも骨盤に歪みを生じる原因となります。

そのように骨盤にゆがみが生じると、骨盤に付着している筋肉を引っ張り続けることになるため、さらに周辺の筋肉の負担が増すといったような悪循環に陥ります。

 

そのような中である程度筋肉に負担が蓄積すると、炎症を起こし坐骨神経痛の症状が出る場合もあります。一旦、坐骨神経痛の症状が出てしまうと治療をすれば回復はしていくのですが、回復するまでにどうしてもある程度の期間は必要になってきます。

 

そうならないためにも、「ずいぶん腰に負担が溜まったな」、または「すこし骨盤が歪んでいるかも」といった感じがありましたら、ゆがみを生じている可能性がありますので治療院でしっかりと検査してもらい骨盤矯正の施術を受けることをおすすめします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和