MENU TEL

こむら返り

こむら返りが頻繁に発生してしまい、お困りの方は当接骨院までお越しください。

stockfoto_40673442_S

こむら返りとは「腓腹筋痙攣」と呼ばれているもので、ふくらはぎの腓腹筋や神経が異常な緊張を起こし、筋肉が収縮したまま弛緩しない状態になり、激しい痛みを伴う症状です。運動中に起こるほか、立ち仕事の多い人やお年寄りに多くみられます。万が一、発症している方がいましたら、お早目にお越しください。

こむら返りは普段使っていない下腿(ふくらはぎ)の筋肉の運動神経が、何かのきっかけで急激に高ぶるために起こる現象で、スポーツなどを長時間続けて疲れていたり、体力が落ちていたりする時、運動不足の時などに起こりやすくなります。

高齢者では慢性の運動不足のために常に腓腹筋が緊張した状態にあり、少し足を伸ばしてしまったときや下腿(ふくらはぎ)を打っただけでも起こすことがあります。すぐに宇都宮・南宇都宮駅・鶴田駅の柴﨑接骨院までお越しください。

こむら返りには、しっかりとストレッチやマッサージを行い、疲労を取り除いていく事で、予防することが出来ます。当院では、セルフで行なえる予防法をお教えいたしますので、一度ご来院下さい。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和