MENU TEL

鵞足炎

鵞足炎は適切な治療を行えば早めに回復していく症状です。

young asian woman relaxing in the forest

鵞足(ガソク)炎は膝の内側に痛みがでる疾患でスポーツ障害の一つでもあります。ランニング、サッカー、バスケットボールなどの膝の曲げ伸ばしの多いスポーツで発症しやすく、また、日常生活や仕事で長距離歩いたり階段の上がり下りが多い方に発症しやすく慢性化しやすいです。

膝の内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉があり、それらの筋肉が集まって腱となり骨に付着している部分があります。この付着する部分の形がガチョウの足の形に似ていることから鵞足といわれています。

症状としては膝の内側を押したり膝の曲げ伸ばしで痛みが出たり、腫れたり安静時で痛みがでることもあります。比較的治りが早い疾患ではありますが、マッサージやストレッチなど行う時期を間違えると症状が悪化したり長引く原因となります。

 当接骨院では、症状に合わせた電気治療・手技療法を行い、また症状の経過に応じて施術の方法を変えていくことにより最短で治癒できると考えております。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和